スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Visual Studio 2008でデバッグ実行の開始・終了が重い

Visual Studio 2008でデバッグ実行を開始したとき、実行されるまでに6~7秒程度待たされるという現象が発生していました。 また、デバッグ実行終了時やコードエディタ、デザインエディタで編集後、ファイルに保存する際も同じくらい時間がかかっていました。

デバッグの開始・終了はビルドやら何やらで時間がかかってもしょうがないとは思いますが、ソースを書く際はほぼ無意識にCtrl + sを押しているので、そのたびに待ちが発生してイライラしてVisual Studio 2008を窓から投げ捨てようかと何度思ったことか・・・

原因について調べたところ、どうやらいろんなタイミングでスタートページのMSDN Online更新情報を更新しているらしく、その更新処理で時間がかかっていました。(ちゃんと数えてませんが、更新情報件数は100以上は余裕でありそう)

「ツール」メニューの「オプション」でオプション画面を開いて、「環境」ノードの「スタートアップ」にある「スタートアップ時」の設定項目を「空の環境を表示」にして、MSDN Online更新情報を表示しないようにしたところ、症状が改善されました。 (ついでに「コンテンツをダウンロードする間隔」のチェックもはずしました)

これでVisual Studio 2008と快適なお付き合いができそうです。

スポンサーサイト

テーマ : プログラミング - ジャンル : コンピュータ

コメント

No title

おぉw非常にスムーズになりました。
ものすごく感謝しています。

No title

うわー快適!
ありがとうございます!

No title

助かりました。

すげー快適

イイっ!!
いや、こんなに軽いとは思わなかった。
助かります。

No title

ありがとうございます!

すごい

おおお! 本当に! すごく! スムーズになりました!
ありがとうございます~~~!
計測したら1.5倍強速くなってました。

No title

VS使用においてQuadCoreの家のPCが、
会社のPen4機より遅い理由がようやく分かりました。
感謝です。

多少重くなることは理解していたけど、さすがに6~7秒の差がでるとは…。
ずっと別の原因だと思い込んでいました。

No title

ようやく自分のブログの存在を思い出しました。
コメント、トラックバックしていただいた皆様、ありがとうございます。 お役に立てて何よりです。

No title

すげー快適になりました。
ありがとうございます。

助かりました!

古いPCだし、重いのはしょうがないのかなと諦めてましたが、おかげさまで快適になりました。

軽くなりました

 助かりました。ありがとうございます。
「Visual C++ デバッグ 重い」でここを見つけました。

 大量のソースコードのあるソリューションで検索をよくするのですが、
検索と置換のダイアログで文字を入れるのが重くて重くてつらかったです。
キーの反応が遅く、ダイアログも沈んだり浮いたりするような感じでてとても不快でした。
 処理が重いのは仕方ないにしても、なんで文字を入力するのがあんなに重いのかよくわからないですね。

 でもまだ、検索と置換のダイアログが開くまで5秒ぐらいかかります。

初めまして

初めまして
これからも拝見させて頂きますね。
楽しみにしています。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

Visual Studio C 2008 Express Edition

自宅PCにインストールしていたが、ビルドや保存時にやたら重いのがかなり気になった
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。